ひ入れ~!

ひと と きと

「と」は人を意味する

ひとは ひの人

人はひによって生かされている。

ひ=日、陽、脾、火、☀


そして、ひとの生命活動を守るために「気」がある。

衛気というもの

現代人は守ることが多すぎて

気だらけになっている

そして中心にあるべき生命活動の「ひ」が風前の灯状態


これでは、一生懸命に気を巡らせたって


元気になりようがない

だから、漢方でさへも効かない人が増えているのだ。


現代人は 「ひと」 ではなく

気の人、つまり 「きと」 になっている。

そして

「きと」が苦しむと その果てには きと苦(危篤) が待っている。

 気をどうこうしようたって歯がたたない

冷え切っているのだ


現代人には「ひ」を入れる必要がある。


なので


来週から、芦屋こころとからだのクリニックでは

「ひ」を入れるための温熱療法

独自理論のBLMに沿って取り入れるための準備を始めています。






コメント

人気の投稿