完全を求むるなかれ~

個性が誕生したとき

それらは単なる萌芽にすぎず

わずかな違いしかない。

やがて、それらが成長を始めると

どんどんとその個性は際立ち

各々の個性を茂らせる。

しかし、それらが天に向かって伸びることに

違いはなく

地に向かって根を張ることに

違いはない。


各々のいびつな個性

それこそが生命の喜び、

完全なるものから生まれた

不完全

不完全はそのいびつを生き

完全へと還る。


完全を求むるなかれ

いびつを生きることこそ

完全への道なのだ。

コメント

人気の投稿