胎芽のシグナル

体幹という大きな幹の中では
胎芽のシグナルとしての
五臓六腑は多いに成長し
その発展を遂げたが、
四肢という枝では
そこまでの発展は遂げていない。

現在のリフレクソロジーに見る反射区では
そこに、落とし穴がある。
反射区を見る時に誰もが感じる、
何となくの「そうなのかな?そうなんだろな、きっとそうなのね!?」
という微妙な空気感の原因はそこにある。

コメント

人気の投稿